美肌効果が期待できるビタミンの効果

サプリメント

「夕方になるとブーツがきつくなる」「脚がだるくて眠れない」――女性の多くが脚のむくみに悩んでいます。「体重は落ちたのに、下半身が痩せない」なんて原因もむくみかもしれませんね。放っておくと脂肪細胞の肥大化を招いて下半身太りに! 手遅れになる前に、食生活の改善やリンパマッサージ、エクササイズなど、日々の生活の中で簡単にできる対処法でむくみを解消し、すっきりした下半身を手に入れましょう!

むくみはなぜ起きる?

私たちの皮膚の下には、血管とリンパ管が張り巡らされています。栄養分を含んだ水分が血管壁から沁み出して細胞に届けられ、一方で古くなった細胞や必要のない栄養分は老廃物となってリンパ管へ運ばれ、腎臓を通って排出されるのです。水分は90%が血管に戻り、残りはリンパ管を通じて運ばれます。

リンパの滞りがむくみの原因

何らかの原因によって血液やリンパ液の流れが滞って水分や老廃物がスムーズに運ばれなくなると、細胞の間(細胞間液)に過剰に溜まり、これが「むくみ」を引き起こすのです。
中でも脚は、心臓から離れている上に重力も災いして、特にむくみやすい箇所。末端の血液やリンパ液は筋肉がポンプの役割をして送り返されますが、筋肉が少ない女性はこのポンプ作用が弱く、むくみを起こしやすいと言われます。

・塩の主成分であるナトリウムは、水分をひきつける性質があるため、体内が水分過多状態になりやすい
・血管やリンパ管の流れを阻害し、むくみを発生させる

・脚の筋肉が衰えると、血管やリンパ管のポンプ作用が弱まり、流れにくくなる

女性ホルモンのバランス変化が原因でむくみになってしまう

女性ホルモンのバランスが急激に変化するため、むくみが起きやすい
むくみを放っておくと、溜まっている水分や老廃物が脂肪細胞と結合し、ダイエットやエクササイズでも簡単には燃焼しにくい脂肪細胞(「セルライト」)に変化してしまいます。

セルライトは女性の敵!

このセルライト、肥大し続けると血管やリンパ管を圧迫し、さらに水分や老廃物を流さない状態に!
むくみの悪循環を断ち切るためにも、その日のむくみはその日のうちにケアするよう、心がけましょう。

コメント